滋賀・彦根相続遺言相談センター|彦根市・米原市・長浜・近江八幡・東近江の相続遺言はお任せ下さい|おうみ@法務事務所

滋賀・彦根相続遺言相談センター

  • TOP
  • 事務所紹介
  • アクセス

0120-630-649

民事信託・家族信託とは

「民事信託」とは、自分(委託者)の財産を、信頼できる人(受託者)に預けて、財産を渡したい人(受益者)の ために、財産を管理・承継する制度です。(信託銀行ではありませんので、高額な報酬は発生しません)

民事信託、家族信託の特徴は下記の通りです。
toha.png

民事信託


★営利目的ではない信託
★営利目的の信託は、「商事信託」
★ 「商事信託」とは、受託者が業として行う信託
★ 「商事信託」には信託業法の対象となる!
★信託を業として行えるのは、信託銀行と信託会社のみ
 

家族信託


★民事信託の中で、家族や親族を受託者として、財産を託す仕組み
 
民事信託(家族信託)のメリット・デメリット
民事信託(家族信託)のメリット・デメリットは次のとおりです。

民事信託(家族信託)のメリット

財産管理が容易になります。
高齢の親に代わり、家族が親の財産の管理を行いやすくなります。
 
柔軟な財産管理が可能になります。
財産を管理する人(受託者)を自由に選ぶことができ、その管理方法も自由に任せることができます。これは成年後見制度にはないメリットです。
 
財産の承継を指定できます。
受益者死亡後の、次の受益者を委託者が指定することができます。これは生前贈与や遺言にはないメリットです。

民事信託(家族信託)のデメリット

節税効果は薄い。
家族信託に節税効果は期待できません。
 
受託者を誰にするかが紛争の種となる可能性があります。
家族間の関係がうまくいっていないときは、誰を受託者にするかで紛争が起こる可能性があります。

民事信託(家族信託)の活用事例

事例1.png
事例2.png
事例3.png
事例4.png
事例5.png

民事信託(家族信託)の報酬基準表(税別)

信託契約コンサルティング:信託財産の評価額の1%(最低報酬額:金30万円)
 
信託による所有権移転登記:金7万円~
Copyright 滋賀・彦根相続遺言相談センター|おうみ@法務事務所 All Rights Reserved