滋賀・彦根相続遺言相談センター|彦根市・米原市・長浜・近江八幡・東近江の相続遺言はお任せ下さい|おうみ@法務事務所

滋賀・彦根相続遺言相談センター

  • TOP
  • 事務所紹介
  • アクセス

0120-630-649

  • TOP
  • 相続時の不動産問題

相続と不動産

相続時には、良くも悪くも不動産が問題になります。

あまり難しく考えると話が細かくなってしまいますので、ここでは簡単に2つの問題を考えてみたいと思います。

  1. 不動産が相続税対策に!
  2. 不動産が争族のもとに! 

1.は場合によっては良い話、2.は悪い話です。

1.が2.を生んでしまうケースもあります。ここでは、両方を簡単に掴んで頂きます。

 

不動産が相続税対策に!

不動産を節税対策に使うというのは、簡単に言ってしまえば「評価を下げる事ができるかもしれない」ということです。

お金はいつの時代も絶対評価です。もちろん、インフレ等による相対的な経済価値の低下はありますが、時間が経つと価値が無くなっていくようなものではありません。

しかし、不動産については価値の変動があります。最近は不動産価値が大きく目減りしていますから、実感頂けるのでは無いかと思います。

また、上記に、場合によっては良い話とさせて頂いているように、裏目に出るケースもあります。

例えば、値段が急上昇してしまったら、面倒な事が起きる可能性もあります。



不動産が争族のもとに!

この点は、ズバリ「分割できない」からです。

売って現金化してからなら、綺麗に分けることもできるかもしれませんが、不動産をそのまま相続する時には、切り分けることができません。



分けられないケース


典型的なのは、相続人の一部の方がご両親と同居されているケースです。 

この場合、ご両親が無くなって相続が発生すると、当然、同居されていた相続人は、生活の拠点である居住不動産の取得を主張されると思います。

しかし、不動産の価値が1000万円で、預貯金が200万円、ご兄弟が2人だったらどうでしょう。 それぞれの法定相続分は600万円ですから、不動産を引き継がない兄弟は相続分が少なくなります。

さらに人間心理を考慮すると、不動産に居住していた相続人にとって、不動産を得ることに財産取得の感覚がありません。単に、預貯金を失ったような感覚になります。

そうすると、同居人は全ての財産の取得を主張しますし、他の相続人は少しでも法定相続分に近い金額の相続を望みます。争族が発生してしまうことになります。 不動産の問題を知っておきましょう。

以下のページは、不動産の問題に対するそれぞれのテーマを説明しております。 是非ご一読ください。

 

・不動産の名義変更(相続登記) のページ
・不動産の評価方法
・相続不動産の評価を減らす
・不動産の境界問題
・相続不動産の売却
・相続登記トラブル事例


Copyright 滋賀・彦根相続遺言相談センター|おうみ@法務事務所 All Rights Reserved