滋賀・彦根相続遺言相談センター|彦根市・米原市・長浜・近江八幡・東近江の相続遺言はお任せ下さい|おうみ@法務事務所

滋賀・彦根相続遺言相談センター

  • TOP
  • 事務所紹介
  • アクセス

0120-630-649

相続放棄と相続する順番

借金を残して親や親族が亡くなった場合に、相続放棄をするべき人は相続人です。
ですから、相続人が誰か、ということが重要なポイントになってきます。
また、相続放棄を誰かがすると、場合によっては、他の方が相続人になってしまうケースもあります。

どういった場合、誰が相続人となるのでしょうか?

例えば、夫と妻と子供という家庭において、妻が亡くなった場合、夫と子供が相続人となります。
また、亡くなったひとが未婚で子供もいないような場合、その親が相続人となります。

順番

第0順位.配偶者(つねに相続人)
第1順位.子供以下直系卑属のライン
第2順位.親以降直系尊属のライン(第1順位の相続人が誰もいない時のみ)
第3順位.兄弟姉妹の横のライン(第1順位、第2順位の相続人が誰もいない時のみ)

ややこしいですので、自分が相続する可能性がある人を見たいと思います。

確実に相続人になるケース

父母の死亡
配偶者の死亡

場合によっては相続人となるケース

子供の死亡
兄弟姉妹の死亡
祖父母の死亡
父母の兄弟姉妹の死亡
祖父母の兄弟姉妹の死亡

これらの方がお亡くなりになったとき、もし自身が相続人となってしまった場合に、相続するのか、しないのかを決めておくほうがよいかと思います。

Copyright 滋賀・彦根相続遺言相談センター|おうみ@法務事務所 All Rights Reserved