滋賀・彦根市で相続手続き、相続登記、遺産分割、遺言を徹底サポート

おうみ@法務事務所|司法書士・FP事務所

  • JR彦根駅徒歩2分
  • アルプラザ平和堂裏
  • 面談予約はこちら
電話番号:0120-630-649 平日9時から18時(土日祝相談可 但し要予約)

3ヶ月を過ぎた相続放棄

相続放棄できないかも!とお考えの方へ

こちらのページをご覧になっている方は、相続放棄について、「放棄できるかどうか」が不安で不安で仕方ないと思います。でもご安心ください!
 
相続放棄のみに特化した当事務所は、これまで多くの相続放棄をサポートする中で培った経験とノウハウがあります。
 
さて、脅かすわけではないですが、相続放棄が裁判所に認められなかった場合は一体どうなるのでしょうか。
 
相続放棄の申し立ての期限については「自身が相続人であることを知った日から3ヶ月以内」に手続きをしなければならないと法律で決められています。
 
そして、注意しなくてはならないのは、「相続放棄に関する法律を知らなかった」という言い分は認められないということを十分に肝に銘じなければなりません。
 
「相続放棄の手続き期限は3ヶ月以内」という期限を本当に知らなかったとしても、知っていたものとして扱われますので十分注意が必要です。
 
ですから、相続財産をすべて相続人が相続するという結果になります。
 
相続財産には負債も含まれますので、負債や借金しかない場合は、その負債を背負うことになります。
 
実際に聞く話では、相続放棄が受理されずに500万、1000万円の借金を背負ってしまった、親が友人の連帯保証人になり、死んでしまったばっかりに、他人の借金で人生がめちゃくちゃになってしまう人も少なくありません。
 
では、どうすれば、相続放棄を裁判所に認めてもらうことが出来るのでしょうか。
 
これは正直に申し上げると、引き受ける司法書士事務所のスキルやノウハウや経験次第と言えます。
 
他の事務所に依頼して「この場合は、絶対に相続放棄はできません!」と言われてさじを投げられたケースで、当事務所に駆け込んで来られたお客様は、ほとんどのケースで相続放棄を勝ち取ることが出来ております。

当事務所の取り組み

例えば当事務所では、下記のようなことを行っております。
 

1.徹底したヒアリングを行います

当事務所では、当時の状況や事実関係がわかるまで、しっかりとヒアリングさせていただきます。

2.必要な情報の収集

決め手となる情報を、お客様と一緒に収集します。
沢山の情報の中から申述に必要になりそうなものを探しだします。

3.綿密な申述書の作成

頂いた情報とヒアリングをもとに、事案ごとに相続放棄が受理される為の申述書を作成します。

 
3ヶ月が経過してしまってからの相続放棄手続きでは、どうして3ヶ月を過ぎてしまったのかをハッキリさせる事が重要です。その為、徹底的に面談やヒアリング、資料集めにお付き合い頂いております。
 
このようなお客様との連携プレーを重視して、相続放棄が受理される可能性を見出すことを考えます。
 

3ヵ月後の相続放棄 相談事例

【依頼前の事実関係】

父が1年前に亡くなり、母もすでに他界。相続人は兄と私と妹の3人。父にはこれといって資産も借金もない(と思っていた)。
 
父の葬儀から1年たったある日、銀行から私宛に突然、内容証明郵便が届いた。
 
内容は、兄の住宅ローンの支払が滞っていて、連帯保証人に亡父がなっていたので、その連帯保証債務を相続人である私たちに支払えというもの。
住宅ローンの残債はおよそ1000万円。
 
相続放棄という手続きも考えたが、父が亡くなった時に、葬式も手伝ったりしているので、『亡くなったことを知らないとはいえない』と他の専門家に相続放棄の期限の3ヶ月を過ぎてしまっているので、相続放棄は難しいと言われた。
 
請求通り支払っていかなくてはならないだろうか?
 

【問題点】

・亡父の住宅ローンの連帯保証債務を相続人らが支払わなければならなくなる。
 
・相続放棄で処理をするのであれば、被相続人が亡くなったことを知ってから3か月以内に家庭裁判所に申述しないといけない。今回、亡くなったことを知ってから3か月以上が経っているが、現在でも相続放棄の手続きがとれるのか?
 

【提案】

・確かにお父さんが亡くなったことを知った日からは、1年経過しているので相続放棄は難しいと思われるが、
 
①亡くなった時には、兄の住宅ローンの連帯保証人に父親がなっているとは思わなかった。
 
②お父さんに「連帯保証債務」があった事を知ったのは、銀行から内容証明が届いた日であるので、届いた日から3か月以内に相続放棄の手続きをする。
 

【実行&結果】

提案通りに、家庭裁判所に上記の論点での申述書を作成し、家庭裁判所からの照会書(質問書)のやり取りを何回かして、無事に受理されました。
 
そして、それを債権者である銀行へ送付するところまでお手伝いいたしました。
この結果、自己破産することもなく、借金も放棄することができました。