彦根市・米原市・長浜・近江八幡・東近江エリアの相続相談

司法書士法人おうみアット法務事務所|司法書士・FP事務所

  • JR彦根駅徒歩2分
  • アルプラザ平和堂裏
  • 面談予約はこちら
電話番号:0120-630-649 平日9時から18時(土日祝相談可 但し要予約)

解決事例

遺産分割協議の内容は固まっているが、相続人が遠方に住んでおり、かつ自力で外出できなかった事例

状況

①被相続人は約数年前に亡くなっているが、被相続人名義の土地を売却したい。

②被相続人名義の土地を売却するにあたっては、被相続人名義の土地の名義変更をする必要がある。

③被相続人に配偶者、子はおらず、相続人は被相続人の兄弟姉妹の4名である。

④被相続人名義の土地の名義変更は次女に対して行うことは、相続人である兄弟姉妹間で、既にまとまっていた。

⑤ところが、相続人の二人は遠方に居住しており、加えてその内の一人は、足が不自由で自力で外出することが困難な状況であった。

司法書士の提案&お手伝い

①戸籍の収集作業は相続人が遠方に住んでいるため、労力を要する旨を説明し、当事務所で行わせていただいた。

②相続人の内の一人は足が不自由であるのに加えて、一人暮らしであったため印鑑証明書をご自身で取得するのは困難であった。そこで、デイサービスのヘルパーさんに事情を説明し、一緒に印鑑証明書を取得しに行って頂くようにお願いした。

➂相続人の二人は遠方に居住しているため、遺産分割協議証明書方式で書面を作成し、それぞれの相続人に対して郵送でのやり取りをおこなった。

結果

ヘルパーさんには事情を理解していただき、印鑑証明書の取得同行を快諾していただけた。当事務所への返送書類のポストへの投函もヘルパーさんにご助力いただけた。

結果、非常にスムーズに必要書類の準備が整い、問題なく相続登記をすることができ、お客様にも大変喜んでいただいた。


3ヶ月間期限経過後の相続放棄

状況

①依頼者の父が1年前に亡くなくなった。死亡したことはその日に知ったが、父あが母と離婚してからは一度も会うこともなく、特に財産を相続することもなかった。財産や借金があるかないかも知らなかった。

②最近になって、金融機関から父の相続人なので、借金の支払いをしてほしいと通知が届き慌てて相談することになった。

司法書士の提案&お手伝い

①父親が死亡してから3ヶ月が経過していても、相続放棄が認められる場合があることを伝え、相続放棄手続きの申立の手続きを行った。

②裁判所から詳しい事情を書面で求められたので、書き方のサポートを行った。

結果

無事、相続放棄が受理され、債権者への支払いを免れた。



余命わずか、自筆証書遺言作成

状況

①依頼者は80代の女性で病気のため余命1ヶ月もない状況。配偶者も子供もいないので財産を世話になった甥に残したいと考えていたが何も対策をされていなかった。

②依頼者には不動産や預貯金の財産があった。

③相続が発生すると依頼者の相続人は依頼者の4人の兄弟になり、甥が相続することはできず、手続きが滞るおそれがある。

司法書士の提案&お手伝い

①自宅に伺い自筆証書遺言作成の提案

②すぐにその場で、自筆証書遺言作成の支援を行い、自筆証書遺言を完成された。

③自筆証書遺言の要件を満たす有効な遺言であることを確認させて頂き封筒に入れ封印して頂いた。

結果

その後、2週間後に依頼者はお亡くなりになり、すぐに自筆証書遺言を検認し、予定通り甥が相続することができた。